【2024年3月の休業日】定休日は毎週月曜日です。 >> 鍼灸師個別の休業日はこちら

関節の痛み(腰、膝、肩、首など)

出産後、恥骨が痛くて歩くのがツラい

◇症状・経緯

出産後8ヶ月ほどで来院。出産後直後から恥骨が痛く、産後すぐの数ヶ月間は20~30メートル歩くのも困難なほどの痛みだった。少しずつ良くなってはいたが、整体や整形など何カ所か行ってみるも治りきらず、ご紹介で来院。歩行の他、腰に力も入らないし、寝起きなど日常動作も辛いとのこと。お子さんが段々大きくなり、授乳時なども負担が大きくなってきている様子でした

◇見立て

「力が入らない」「恥骨が痛い」などの症状から判断して、仙腸関節が緩んでいると判断し、骨盤を締める矯正を行ったところ、症状が良い方向に変化したため、その日は施術を終了。週に1回のペースで毎回骨盤を締める矯正を行いました。5回の施術で症状が緩和したため終了しました。

◇考察

この方は自然分娩だったそうですが、出産後うまく骨盤が締まっていかず、仙腸関節が左右共に元の状態に戻りきらなかったため、骨盤周りが不安定となり、腰に力が入らず、恥骨痛も誘発していたと考えられます。


出産後の恥骨痛は多い印象ですが、仙腸関節の緩みが原因となっていることが多いようです。本来は自然と戻るようですが、うまく閉じていかないと、恥骨痛に限らず何らかの症状が出るケースがあります。

当院では産後の骨盤の調整を多く手掛けてきております。痛みがある方はがまんせずに、ぜひお早めに調布の春宵堂治療院にお越し下さい。

中村正佳

中村正佳

鍼灸あんまマッサージ指圧師 -関節の痛みを専門とし、研究、施術に励んでいます。

関連コラム

最近の記事

  1. ケーススタディ|コロナ後遺症

  2. ケーススタディ|子宮筋腫・腺筋症合併の痛み

  3. 受験生のストレスからくる不調に鍼灸施術という選択肢を