◆センキョ割◆11月14日まで実施中! 第49回衆議院議員総選挙に投票した方、値引きします! ▷詳細はこちら◁

女性特有の症状

更年期障害

これは老化に伴う症状です。

では老化とは何か?

まず体力や筋力の衰えがあります。具体的には、赤ちゃんの皮膚はみずみずしく、年を取るにつれて皮膚がしわしわになっていくのからも分かるように、細胞の水気がなくなっていきます。例えるならば、筋肉がビーフジャーキーのように変化していっているのです。そうすると、筋肉が硬くなり凝りやすくなったりします。

また、東洋医学的には、年を取ると腎が弱ると考えていて、腎は下にあるため、下半身から弱っていくと考えています。現在は目や頭を酷使する時代でもあるため、上が緊張して下が弱る、ということになります。また、東洋医学的に、別の角度で見ると、水や血は気と拮抗してバランスを取っていますが、血や水が減ると気が余り、熱がこもる、という症状が起こります。

以上のような、老化に伴う体の変化によって、様々な症状が起こる、と言うわけです。

また、肉体的な老化に心がついていかなかったり、そのころに人生のステージで様々なことが起こると、もともとバランスが壊れやすいところに精神的負荷が相まって、鬱などの症状が起こることもあるでしょう。

どちらにしても、その人の心身にどの様なことが起こっていて、何が原因でどのような症状が起こっているかをはっきりさせる、焦点を絞ったツボ選びが、より的確な治療につながる、というわけです。

本山 裕子

本山 裕子

鍼灸師 ‐婦人科系、内臓系、心のお悩みが得意分野です。

関連記事